090-6730-7814

おすすめ勉強法①効果抜群だけど取扱注意!カンペづくり

わたし自身、中学受験、定期試験、大学受験2回、国家試験etc.と、我ながら何かとテストの多い人生です。そんな中であみ出した必勝勉強法をいくつか紹介します。

勉強の方法は人それぞれ相性があります。
「自分でもできそう!」と思うものがあればマネしてみてくださいね。

効果抜群!「カンペづくり」勉強法

第一弾は「カンペづくり」勉強法です。
「カンペ」とは「カンニング・ペーパー」の略です。

え?カンニング公認?

もちろんちがいます。

カンニング、ダメ。ゼッタイ。

カンニングは絶対ダメ

カンニングほど無意味な行為はありません。絶対にやめましょう。

では、「カンペづくり」勉強法とは何か。

それは、「カンペをつくり、そして本番では使わない」という勉強法です。

まず紙を一枚用意し、八つ折りにしてペンケースに入るくらいのサイズにします。

紙を八つ折り

その1ブロックに1つずつ「この紙が本番に見れたらうれしい」と自分が思う情報(用語、公式etc)を厳選・凝縮して書きこんでいきます。
テスト前の数分間で目を通し、ペンケースに入れない。これだけです。

この「カンペづくり」にはそれなりに作業量が必要です。

① 試験範囲全体を見渡す
② 必要な情報(苦手なところ)をピックアップ
③ 限られたスペース(文字数)でまとめる
④ 試験直前に、最も必要な情報を頭に入れる

これらはテスト勉強をする中で大切な作業のエッセンスです。このカンニングペーパーをつくる作業自体が、情報と記憶を強く結びつけることになるのです。

私は暗記が苦手なのですが、テスト勉強に行き詰まったり時間が足りなかった時には、いつもこの「カンペづくり」で乗りこえてきました。この作業をいつものテスト勉強に加えることでかなりの成績UPが見込めるでしょう。

ただし、絶対ペンケースに入れたままにしないように!厳禁です。

 

ところで、カンニングといえば、タイの映画『バッド・ジーニアス』

天才高校生が、様々なカンニングテクニックを駆使してクラスメイト達のテストを手伝い、大金を稼ぐというストーリー。アジア各国で過熱する学歴偏重への皮肉も含まれています。

カンニングは生涯一度もやったことはないですが、完全にやってる側に感情移入してしまい(笑)、テストのシーンは本当に心臓バクバクです。カンニングは絶対ダメだけど、エンターテインメントとして最ッ高に面白いです。

未見の人は気分転換の時にでも。

最後までお読みいただきありがとうございます。クリックしていただけますと励みになります!

にほんブログ村 教育ブログ 家庭教師へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。