宝塚市の公立高校入試について

ここでは、兵庫県公立高校入試と内申点のポイントを確認しつつ、宝塚市の高校入試のポイントや内申点を揚げる上で気を付けるべきことについて確認していきます。

兵庫県は内申点重視

公立高校一般入試の合否は、「内申点」と「当日点」の合計得点で決まります。

生徒の学習状況や学校生活について、中学校の先生が内申書を作成し、受験先の高校へ送られます。そこに書かれている「学業に関する成績」が、いわゆる内申点です。各教科に対する5段階の評定をもとに、都道府県ごとに定められた計算方法で算出されます。

兵庫県における内申点の計算方法は、以下の通りです。

・主要5教科(英語、数学、国語、理科、社会):評定(~5)×4
・実技4科目(音楽、美術、体育、技術)   :評定(~5)×7.5

以上、計算すると内申点の合計は250点です。

当日点も合計250点(50点×5科目)なので、比率は半分ずつです。全国的にみても、かなり内申点の割合は高いです。

それぞれの点数を表にまとめました。

兵庫県公立高校入試の成績計算内訳

これはつまり、当日のテストを受ける前の時点で半分決まっているということ。しかも、内申点の高い子はやるべきことをしっかりやっている子です。

よって「当日に逆転合格!」という事態は起こりにくくなっており、普段からの学習が重視されているといえます。

後述のように、内申点には中3の1・2学期の評定を使います。1・2学期の平均を使うとすると、以下のように考えることができます。

 ひと学期の評定+1  主要5教科 → 当日点+4点に相当
            実技4教科 → 当日点+7.5点に相当

その学期の評定が1上がると、主要5科目では4点、副教科では7.5点上がるのと同じ価値だということです。

500点満点中では当日点も半分に圧縮されるので、 主要5科目では2点、副教科では3.75点に相当します。

原則、評価対象は中学3年生の1・2学期だが…

内申書には中学3年生の1・2学期の各教科の評定が使われます。実際に入試要綱にもそのように書かれています。家庭教師をしていると「じゃあ中2までは気を抜いていいね」と言われる生徒さんや保護者さんがいらっしゃいますが、そんなことはありません。

要綱には「社会、理科など学年によって分野別に学習する教科にあっては、第1、第2学年の学習の記録も十分参考にする」とも明記してあります。社会・理科では、1・2年生も気を抜いてはいけません。

また、英語・数学・国語については、1年生からの努力の積み上げがモノをいう科目ですので、中学3年のテストだけ良い点を取るなんてことは、かなり難しいことです。

どの科目も、気を抜いていい瞬間などないのです。

ただし、中学1、2年生の評定が悪かったからといって、あきらめることはありません。

1年生からコツコツやるのが結局近道ということ。でも、努力次第で挽回は可能です。

 

必要な内申点のめやすは?

宝塚市内の公立高校一般入試の内申点ボーダー(めやす)は以下の通りです。

学校名内申点
(めやす・250点満点)
偏差値
(兵庫V模試)
宝塚北20563
宝塚西18054
宝塚16047
宝塚東15041

 

内申点はどうすれば上げられる?

では、どうすれば内申点を上げることができるのでしょうか。1つ1つ確認してみましょう。

定期テストの勉強を頑張る

当然、評定のベースはテストの点数です。言うまでもなく、最も重点を置いて対策すべきです。大事なのは副教科も含めて不得意科目を作らないこと。しっかりと計画を立てて、得意な科目ばかり勉強することのないように時間配分をしましょう。

家庭教師ダイアログでは、中学生の定期テスト対策にも力を入れています。勉強計画立案から、暗記必勝法、ケアレスミス対策など。

提出物を忘れない

提出物は非常に大切です。「たかが提出物。実力とは関係ないじゃん」と考えている人もいると思います。なぜ提出物が大事なのか、お話しします。

学習指導要領において重視されるのは、「①知識及び技能」「②思考力、判断力、表現力」「③学びに向かう態度、人間性」です。このうち、①、②はテストや授業中の言動でかなり客観的に評価できます。

しかし、「③学びに向かう態度、人間性」は客観的に数値化することが難しい。先生が、あの子集中していないな~と感じていたとしても、それだけで態度が悪いと断じることは難しいでしょう。こういったことは総合的に判断されます。

そんな「態度」の中でも、「提出物を出したかどうか」だけは簡単に評価できます。だれの目から見ても明らかなので、クレームもつけようがありません。だからこそ、重視されます。1日遅れただけで大幅減点というケースも多いです。

もちろん、提出物の質も大事で、①②③すべてに影響します。余裕をもって丁寧に仕上げ、期日までに必ず提出しましょう。

授業態度

「授業態度って具体的にどんなこと?」と感じる方も多いでしょう。

「積極的に発言すること」「態度よく授業を聞くこと」「先生に質問すること」「実技は下手でもいいので積極的にやること」などがよく挙がりますね。

下の写真は家庭教師先で見せてもらったプリントで、超重要なことが書いてあったので写真を撮らせてもらいました。中学校での最初の音楽の授業で配られたものだそうです。

音楽の授業のルール3か条

“音を外したら笑われる” ”一人だけ大きな歌で歌ったら「何を張り切っているんや」と言われる”。そんな雰囲気があると音楽の授業は成り立ちません。

「シラケること」が、音楽の授業では一番困ります。もっと困るのが、一生懸命やっている人や真面目にやっている人がバカを見る雰囲気があること。

これは、音楽に限らず、すべての教科でいえることです。積極的な子や真面目な子をからかう風潮、たまにありますよね。周りの積極性を奪い、伸びようとする人の足を引っ張る行為です。先生からすると、正直とても腹が立つことです。

中学生は、思春期まっただ中の多感な時期。スカしてしまう気持ちもわからなくはないですが…その雰囲気に加担している生徒の印象は非常に悪く、低評価につながる可能性が高いです。

逆に「自分自身も頑張り、ほかの頑張っている子も応援する」という態度が最も高評価となるでしょう。

どんな態度が評価されやすいのか、逆にどんな態度がよくないのか、表にまとめてみました。

良い悪い
発言・考えの道筋が分かるような発言・知識のひけらかし
(塾で習ったことをただ言う)
態度・頑張っている人を応援する
・みんなが黙っていたり、ゆずりあっているときに先陣を切る
・しっかり前を見て話を聞き、うなずきつつ時折ノートをとる
・授業後、生徒間で授業内容に関する感想を言い合ったり教え合いをする
・やる気のある人を馬鹿にする
・ずっと下を見ている
・ずっと前を見ている
・「わかってるよ」という態度
・理解できていない人を下に見るような態度
質問・分からない所を具体的に説明して質問
・自分の言葉で理解したことを説明
・ばく然とした質問
・問題を丸投げするような質問

注意すべきは、塾で既に習っている内容を学校の授業で聞く場合の態度です。知識をひけらかすように発言したり、「初めて知った!」という人を見下すような高慢な態度はNGです。

また、授業後に質問をするときも、「どこまで分かっていて、どこからが分からないのか」を具体的に説明して質問することが大事です。また、答えてもらった後は「ということは○○ということですね」と自分の言葉で説明しなおし、「ありがとうございました」とお礼を言いましょう。それがないと、ただ質問の数をかせいでいるようにしか見えず、良い評価につはながりません。

「学びに向かう態度、人間性」というポイントは学習指導要領にしっかりと明記されています。軽視しないようにしましょう。

「うちの子、点数はいいのに学校の先生に嫌われているから…」

「あそこの子は先生の印象がいいから内申もいい」

という保護者様のグチをよく聞きます。返す刀で、

「学校の先生も人間だから好き嫌いがありますよね~」

がお決まりのセリフ(笑)。気持ちはよく分かります。自分も先生ウケが良い学生ではありませんでしたので。

しかし、好みや印象だけではないかもしれません。それは、「学校という集団生活の場で、周りと一緒に成長していきそうか」という点が重視されるからです。

親の嫉妬めいたまなざしや態度は確実にお子さんに伝染しています。高め合おうとする意思は薄く、他人の足を引っ張る可能性すらある。学校の先生はそんな子を評価するでしょうか。自立心の高い子の集まる上位の高校に送りたいと思うでしょうか。

なお、私は確実に足を引っ張る側の学生でした(笑)。中高一貫校に通っていたことで難を逃れたにすぎません。

改善するには、生徒さん自身が自分自身に目を向けることしかありません。自分の態度を見つめなおし、また「自分は本当にどうしたいのか」を問い直すことです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です