090-6730-7814

【須磨学園中学過去問解説】2021年度 理科 第1回 大問1

須磨学園中過去問 2021年度 理科 第1回 大問1

問題文をそのまま掲載すると著作権上問題となるため、学校サイトの過去問PDFを見てください。そしてまず自分で解いてみてから以下の解説を読んでください。

生物と環境についての問題です。問7を除き、常識的な知識のみで解ける問題になっていますね。環境と生物のかかわりについての問題は近年頻出ですので、間違えた問題があったらしっかり復習しておきましょう。
問7は除去法という特殊な調査法についての問題ですが、ていねいに説明を読んで理解できればそこまで難しい問題ではありません。

問1 難易度:★★☆☆☆

生物が生息している環境に影響を与える作用のことを、環境形成作用といいます。その例としては、「晴れた日の昼間に、植物プランクトンの光合成によって、湖の浅い所の酸素の量が夜よりも多くなる」など、生物が生物でないものに影響を与えているものを選びます。

問2 難易度:★★☆☆☆

一つ一つ吟味していきましょう。

① 魚類は全て卵を産みますが、母親のおなかの中でふ化(卵胎生)する魚もいます。
② すべての魚は脊椎動物です。
③ 魚類の中でも鮫などは軟骨魚類といい、全身の骨が軟骨のものがいます。
④ サケやウナギなどは生育・産卵の過程で海水と淡水の両方を行き来します。

問3 難易度:★★☆☆☆

① カタツムリは陸に住む巻貝の仲間で、軟体動物というグループに属します。
② ムカデは節足動物ですが、多足類に属します。
③ アリは昆虫類ですね。
④ クモは節足動物ですが、昆虫ではなくクモ類です。
⑥ トンボは昆虫です。
⑦ エビも節足動物ですが、甲殻類という昆虫とは異なるなかまです。

昆虫の特徴である「身体が頭・胸・腹に分かれる」「胸から足が6本生えている」という特徴を満たしているものを選べばよいことになります。「〇〇ムシ」のような名前だけで判断することはできません。

問4 難易度:★★★☆☆

① エノコログサは「猫じゃらし」のような形をした植物で、外来種ではありません。
② ヒアリは本来、南米中部に生息する毒をもつアリです。 2017年に日本で初めて確認され大きなニュースになりましたね。
③ アライグマは本来北米大陸原産の中型ほ乳類です。日本ではアニメの主人公になったことで大人気となり大量に持ち込まれましたが、飼育放棄されて野生化し、農作物を荒らすなど深刻な悪影響を及ぼしています。
④ オオクチバスはいわゆる「ブラックバス」のことです。いったん日本に持ち込まれたのち、釣り人などにより色々な場所に放流され広がったと考えられています。在来種の魚の卵や稚魚などを食べてしまいます。

問5 難易度:★★☆☆☆

① 国内に住んでいる種であっても、本来その地域には住んでいない「国内外来生物」もいます。
② 沖縄でハブ駆除の目的で放したマングースが定着してしまった例があります。
③ ヒアリなどは船の荷物などと一緒に日本に入ってきたといわれています。
④ 渡り鳥は本来の習性として昔から「渡り」を行っています。外来生物ではありません。

問6 難易度:★☆☆☆☆

外来生物は植物であっても、在来種から日光を得られる場所をうばったり、雑種をつくってしまうことで遺伝的なかく乱を起こすこともあります。

問7 難易度:★★★☆☆

まず、1回目の捕獲において外来魚Aは800個体とらえられ、除去されたので、800個体が減少したことになります。

その後、2回目の捕獲では600個体に減少しています。800個体減少したことで、捕獲される個体数が800個体から600個体に200個体減っている、つまり捕獲数が\frac{1}{4}だけ減っているということです。

「1回の捕獲において外来魚Aが捕獲される割合は、池に生息している外来魚Aの全個体数に対して一定」なので、1回目の捕獲の800個体は捕獲前にいた個体数の\frac{1}{4}にあたるということです。

よって、1回目の捕獲前にいた個体数は、
800÷\frac{1}{4}=3200(固体)

 

須磨学園中学過去問解説の一覧

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。