090-6730-7814

【須磨学園中学過去問解説】2020年度 理科 第3回 大問1

須磨学園中過去問 2020年度 理科 第3回 大問1

問題文をそのまま掲載すると著作権上問題となるため、学校サイトの過去問PDFを見てください。そしてまず自分で解いてみてから以下の解説を読んでください。

「皮ふと血管」に関する問題です。かなりの受験生が満点を取ったと思われる、非常に簡単な問題ばかりです。ミスをしないよう気をつけましょう。

問1 難易度:★☆☆☆☆

血液中に含まれ、病原体を排除する役割をもつのは白血球です。

問2 難易度:★★☆☆☆

問題文に「毛細血管を含む真皮の層」とあります。この生徒は紙で手を切ったものの血液が出なかったので、傷は真皮までいたらず、表皮のみを切ったと判断したと考えられます。

問3 難易度:★☆☆☆☆

場所ごとに表皮のつくられる速さ(1日あたり)を計算すると、

まぶた  0.07÷28=0.0025(mm/日)
手のひら 0.75÷50=0.015(mm/日)
足の裏  1.50÷50=0.03(mm/日)

よって、手のひらはまぶたの6倍、手のひらは足の裏の0.5倍となります。

問4 難易度:★☆☆☆☆

「セミやトンボ」「皮がはがれおちる」から連想されるのは脱皮ですね。

問5 難易度:★☆☆☆☆

「立毛筋」という名前からして、収縮したときに毛が立っているものを選ぶことになります。また、熱が外気に逃げると温度が下がるので、熱が逃げていないものを選びます。よって、①が正解です。

問6 難易度:★★☆☆☆

(ウ)(エ)(オ)寒いとき,指先の色はっぽくなります。これは、皮ふ近くの血管が細くなることで、指先に流れる血液が少なくなるからです。

 

須磨学園中学過去問解説の一覧

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。