090-6730-7814

【須磨学園中学過去問解説】2020年度 理科 第2回 大問4

須磨学園中過去問 2020年度 理科 第2回 大問4

問題文をそのまま掲載すると著作権上問題となるため、学校サイトの過去問PDFを見てください。そしてまず自分で解いてみてから以下の解説を読んでください。

「風と大気」に関する問題です。偏西風のでき方などはかなり発展的な内容ですが、それ以外は基本的な知識で解けるでしょう。

問1 難易度:★★☆☆☆

(ア)(イ)高気圧では周囲より気圧が高く、周囲より空気が重くなってい るため下降気流が生じます。また、低気圧では周囲より空気が軽くなっているため上昇気流が生じます。

問2 難易度:★★☆☆☆

(ウ)~(オ)問1より、高気圧におおわれた場所では地上に空気が集まってくるので、周囲に空気を吹き出し、低気圧におおわれた地上では空気が比較的まばらな状態になるので、周囲から空気が入り込んできます。このため、地上では高気圧から低気圧に向かって空気の流れができています 。

問3 難易度:★☆☆☆☆

海風とは、晴れた昼間に暖められた陸側で上昇気流、あまり暖められて いない海側で下降気流が生じることで、海から陸に向かって吹く風のことをいいます。

問4 難易度:★★☆☆☆

海風と陸風の間で風がやむ現象を、凪(なぎ)といいます。

また、この現象がおこるのは、時間帯は、朝と夕方です。朝凪(あさなぎ)は陸風から海風へ切り替わるときの、夕凪(ゆうなぎ)は海風から陸風へ切り替わるときにおこります。

問5 難易度:★★☆☆☆

日本や日本と同じくらいの緯度帯の地域でみられる西から東に向かって流れる気流のことを偏西風といいます。

問6 難易度:★★☆☆☆

夕焼けがきれいに見えるということは、西の方向の空が晴れているということです。偏西風の影響で天気は西から東に移り変わりやすいので、西側に雲がないと翌日の天気が良い可能性が高いということになります。

問7 難易度:★★★☆☆

南の地域で下降気流が、日本より北の地域で上昇気流が生じていることにより、南から北へ向かう空気の流れができます。この空気の流れが、地球の自転の影響を受けて進行方向に向かって右に曲がるので、西から東へ向かう偏西風が生まれます。

 

須磨学園中学過去問解説の一覧

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。