090-6730-7814

【須磨学園中学過去問解説】2020年度 理科 第1回 大問1

須磨学園中過去問 2020年度 理科 第1回 大問1

問題文をそのまま掲載すると著作権上問題となるため、学校サイトの過去問PDFを見てください。そしてまず自分で解いてみてから以下の解説を読んでください。

「植物の種子の運ばれ方」に関する問題です。全体的に知識よりも日常的な経験に対して関心や問題意識を持っているかを問う、須磨学園中学らしい問題だと思います。

問1 難易度:★☆☆☆☆

柿の収穫量は、2020年時点で42年連続で和歌山県が1位です。関西にあるスーパーや青果店で売られている柿は大半が和歌山県なので、ふだんから関心をもって生活していれば自然と得られている知識でしょう。

和歌山県は本州最南端に位置するため、温暖な気候で果物の栽培が非常に盛んで「果樹王国」とよばれることもあります。ちなみに2位は奈良県、3位は福岡県でこれを答えても正解になりますが、この問題は「和歌山県」と答えてくれることを期待していると思われます。

問2 難易度:★★★☆☆

これは知識問題というよりは、ふだんから興味をもって植物と接しているかが問われています。自分の記憶をたどって、秋や冬に落葉しているのを見たことあるもの、もしくは冬や春に葉っぱのない状態を見たことがあるものを除外していきましょう。

②イチョウ、③イロハモミジなどは落ち葉が秋から冬にかけて落ちているのをよく見ますね。また、④サクラは花の咲き始めから満開のころには葉がありません。散り始めのころから若葉が芽吹いて「葉桜」などと呼ばれるのを聞いたことがあるでしょう。

よって、消去法で①が正解です。①は実、花、葉の特徴から常緑樹のクスノキだと思われます。

クスノキは常緑広葉樹で巨木になるものが多く、また兵庫県の木でもあります。

蒲生の大楠(クスノキ)。日本最大の巨木。
鹿児島にいるときに訪れた蒲生の大楠。幹の周りは24.2mで日本最大の巨木です。

問3 難易度:★☆☆☆☆

選択肢の中で、「無胚乳種子」であるものを選べば良いことになります。このうち無胚乳種子はヒマワリです。こういった植物の種子は、胚乳ではなく子葉に栄養分をたくわえるという特徴があります。

問4 難易度:★★☆☆☆

種子がどのように地上にまかれるか、という方法は植物によってちがいます。これは、自分たちのすむエリアを広げるための戦略なのです。

①種子がはじけてとぶ植物のなかまには、ホウセンカ、カタバミなどがあります。
②水流に乗って種子が運ばれる植物はココヤシやヒルガオの仲間などが知られています。
③種子が風で飛ばされる植物のなかまには、タンポポやマツ、ススキなどがあります。
④動物に食べられ、未消化のまま排泄されることにより運ばれる植物は多様で、おいしい果実をもつものはほとんどがこれにあたります。もちろん柿もそうですね。

問5 難易度:★★☆☆☆

切り取られた葉が光合成をすることはなく、またそれによってできた栄養素が寿司に運ばれることもないので、④が間違いです。他はありそうですね。

問6 難易度:★★☆☆☆

適切でない選択肢がいくつあるか分からないので、すべての選択肢を丁寧に吟味する必要があります。実験結果を適切に選んで比較することが重要です。

① 柿に含まれるタンニンの量としぶ味の関係を調べたいので、タンニンの量が異なり、水へのとけやすさが同じものを比較します。「熟した柿A」と「熟した柿C」を比較すると、タンニンの水への溶けやすさは同じで、タンニンの量が0.4の「熟した柿C」よりも、1の「熟した柿A」の方がより強くしぶ味を感じることが分かります。よって「柿に含まれるタンニンの量が少なくなると、しぶ味は感じにくくなる」は正しいと分かります。

②  「未熟な柿A」と「熟した柿A」を比較すると、含まれるタンニンの量は同じですが「未熟な柿A」の方がより強くしぶ味を感じることが分かります。よって「柿に含まれるタンニンの量が変化しないと、しぶ味の感じ方が変化しない」は適切でないと分かります。

③ 「熟した柿A」と「熟した柿B」を比較すると、まずタンニンの量は同じです。また、水へのとけやすさは「熟した柿A」が0.4、「熟した柿B」が0.1で、「熟した柿B」の方が水に溶けにくいことが分かります。よって「熟した柿Bのタンニンは熟した柿Aのタンニンよりも水にとけやすいため、しぶ味を感じにくい」は適切でないと分かります。

④  「熟した柿A」と「熟した柿B」を比較すると、タンニンの量は同じなので「 熟した柿Bは熟した柿Aよりも含まれるタンニンの量が少ないため、しぶ味を感じにくい」は適切でないと分かります。

⑤ 「熟した柿A」と「熟した柿C」を比較すると、タンニンの水へのとけやすさは同じです。よって「熟した柿Cのタンニンは熟した柿Aのタンニンよりも水にとけやすいため、しぶ味を感じにくい」は適切でないと分かります。

⑥ ①より「熟した柿Cは熟した柿Aよりも含まれるタンニンの量が少ないため、しぶ味を感じにくい」は正しいと分かります。

問7 難易度:★★☆☆☆

どんな果物でも、甘くておいしい方が食べたくなりますし、しぶいと食べたくないですよね。それはヒトも動物も変わりません。動物に食べてもらわなければ種子が運ばれることもありませんので、植物はがんばって果実を甘くするのです。

【解答】
より動物に食べられやすくなって種子を運んでもらうのに有利になる

 

須磨学園中学過去問解説の一覧

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。