090-6730-7814

【夙川中学過去問解説】2021年度 理科 第1回 大問3

夙川中学過去問 2021年度 算数 第1回 大問3

問題文をそのまま掲載すると著作権上問題となるため、学校サイトの過去問PDFをご参照ください。まず自分で解いてみてから以下の解説を読んでください。

すべて基本中の基本の知識を問う問題となります。合格のためには全問正解したいところです。

問1 難易度:★☆☆☆☆

呼吸によって、空気中の酸素を体内に取とり込こみ、二酸化炭素を体外に排出します。

呼吸をおこなう肺は肺胞という小さなふくろをたくさんもっていて、そのまわりは毛細血管という細かい血管でおおわれています。

問2 難易度:★☆☆☆☆

空気中の酸素はおもに植物の光合成によりつくられます。

問3 難易度:★☆☆☆☆

取り込まれた酸素を全身に運搬するのは、赤血球です。

問4 難易度:★☆☆☆☆

体のすみずみまで血液を送り出すポンプの役割を果たすのは心臓です。

問5 難易度:★☆☆☆☆

ふつう身の回りにある空気の成分は、およそ窒素78%、酸素21%、二酸化炭素0.04%です。吐く息では、二酸化炭素の割合が増えますが、そのぶん酸素の割合が減り、窒素の割合は変わりません。ちなみに、全部の酸素が取り込まれるわけではないので、酸素はゼロにはなりません。

問題のグラフは1めもりが10%なので、4%は1めもりの半分より少し小さいくらいです。

よって、①。

問6 難易度:★☆☆☆☆

呼吸は、血液の流れによって身体中の細胞に酸素を届け、そのはたらきを維持するためのエネルギーをつくるのが目的です。また激しい運動をするとより多くの酸素が必要となり、より多くの二酸化炭素が排出されます。

② → ビニール袋に入っている空気はすでに二酸化炭素が多い空気です。それをさらに吸い込んで吐くと通常の吐く息よりも二酸化炭素は多くなるでしょう。

③ → 軽い運動であっても、安静にしているときよりは酸素を多く使い、二酸化炭素を多く排出します。

④ → 逆立ちのような普段しない姿勢も、エネルギーを多く使うので酸素を多く使います。

よって、①が正解です。

 

夙川中学校過去問解説の一覧

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。