090-6730-7814

【夙川中学過去問解説】2021年度 理科 第1回 大問1

西宮市の家庭教師ダイアログでは、受験対策において志望校の過去問演習を最重視しています。ここでは受験生の自宅学習の手助けのために、夙川中学校の過去問解説を掲載いたします。

夙川中学過去問 2021年度 算数 第1回 大問1

問題文をそのまま掲載すると著作権上問題となるため、学校サイトの過去問PDFをご参照ください。まず自分で解いてみてから以下の解説を読んでください。

ばねの問題です。(7)以外はまったくひねったところのないシンプルな問題です。(1)~(3)が同じ答えになるのですこし疑心暗鬼になりそうですね。

(1)難易度:★☆☆☆☆

図2のグラフから40gのときのばねの長さを見ればよいので、40cm。

(2)難易度:★☆☆☆☆

イにはウのばねと40gのおもりが下がっていますが、「軽いばね」とありますので、ばねの重さは無視できるということだと考えられます。(1)と同じく、図2のグラフから40gのときのばねの長さを見ればよいので、40cm。

(3)難易度:★☆☆☆☆

Oの位置におもりがあってもウのばねの伸びには関係ありません。よって、これも(1)と同じで40cmです。

(4)難易度:★★☆☆☆

(図4)のように、2本の糸の真ん中におもりがある場合、40gの重さは半分ずつに分かれます。よって、エのばねの長さは図2のグラフから20gのときのばねの長さを見ればよいので、30cm。

(5)難易度:★☆☆☆☆

エのばねが50cm伸びているということは、60gの重さがかかっているということです。ということは、おもりの重さは2倍の120gということになります。

(6)難易度:★☆☆☆☆

(図3)のウのばねはシンプルに40gぶん伸びるので、40cmです。

それと同じだけ(図4)のオのばねが伸びているということは、40gの重さがかかっているということです。ということは、おもりの重さは2倍の80gということになります。

(7)難易度:★★☆☆☆

図のように、2本の糸の3:1の点におもりが下がっている場合、オとカのばねにはオ:カ=15:5=3:1の比で重さがかかります。よって、オにかかる重さは、

80× \frac{3}{4}=60(g)

ばねの長さの問題

オのばねの長さは図2のグラフの60gのときのばねの長さを見ればよいので、50cm。

棒は水平なので、カのばねのながさは50cm。

 

夙川中学校過去問解説の一覧

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。