090-6730-7814

神戸大学入試解説│2019年度 生物 大問Ⅰ

神戸大学過去問 2019年度 生物 大問Ⅲ

問題文をそのまま掲載すると著作権上問題となる可能性があるため、神戸大学サイトにある過去問PDFを見てください。そしてまず自分で解いてみてから以下の解説を読んでください。

神戸大学の生物過去問(2019年度)「ホルモンと膜タンパク質」に関する問題です。問3のバソプレシンの作用を記述するにはかなり詳しい知識が必要ですが、問3以外はかなり基本的な問題となっています。

問1 難易度:★☆☆☆☆

(ア)インスリンはすい臓ランゲルハンス島のB細胞(β細胞)から分泌されます。

(イ)(ウ) 低血糖を感知すると、副腎髄質からはアドレナリンが、副腎皮質からは糖質コルチコイドが分泌されます。

(エ)(オ)低血糖の血液はランゲルハンス島のA細胞(α細胞)を刺激して、そこからグルカゴンが分泌されます。

(カ)糖質コルチコイドは、タンパク質からのグルコース生成反応を促進します。

問2 難易度:★★★☆☆

酵素が関わる反応の多くはフィードバックなどの調節システムを備えています。有名なのは、副腎皮質ホルモンや甲状腺ホルモンなどで、それらを例に挙げればよいでしょう。アロステリック効果の教科書的な説明を書いてもいいと思います。

【解答例1】
一連の反応の初期段階の酵素のアロステリック部位に最終産物が結合し、立体構造が変化し活性を失うことにより最終産物の生成量が調節される。(66字)

【解答例2】
副腎皮質ホルモンは視床下部-脳下垂体系に作用して副腎皮質刺激ホルモンの分泌を減少させ、結果として副腎皮質ホルモンの分泌量が調節される。(67字)

問3 難易度:★★★★☆

〇ホルモンが細胞膜に存在する受容体に結合
→細胞内の小胞の移動が移動し細胞膜と融合
→小胞にあった膜タンパク質が細胞膜に移動

…という作用を示すホルモンとしては「バソプレシン」があります。

【作用】
バソプレシンが腎臓集合管の上皮細胞の細胞膜上の受容体に結合すると、細胞内にあるアクアポリンをもつ小胞が移動して細胞膜と融合し、細胞膜の水透過性が上昇する。(77字)

問4 難易度:★★☆☆☆

小胞と細胞膜を融合させて、細胞外に物質を分泌する現象をエキソサイトーシス、細胞膜が陥入して細胞内に物質を取り込む現象をエンドサイトーシスといいます。

問5 難易度:★☆☆☆☆

真核細胞において、タンパク質の合成は粗面小胞体に付着したリボソームで行われます。

問6 難易度:★☆☆☆☆

ゴルジ体から生じる小胞から形成される細胞小器官としては、リソソーム(ライソゾーム)があります。小胞内には加水分解酵素が入っていて、エンドサイトーシスや食作用によって細胞内に取り込まれた物質を加水分解します。

また、植物細胞で発達している液胞も同様の機構でつくられます。液胞の役割にはグルコースなど物質の貯蔵、浸透圧の調節等がありますが、リソソームのように加水分解酵素を含み、物質の加水分解をする働きもあります。

 

神戸大学過去問解説の一覧

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。