090-6730-7814

神戸大学入試解説│2018年度 生物 大問Ⅰ

神戸大学過去問 2018年度 生物 大問Ⅰ

問題文をそのまま掲載すると著作権上問題となる可能性があるため、神戸大学のサイトにある過去問PDFを見てください。そしてまず自分で解いてみてから以下の解説を読んでください。

神戸大学の生物過去問(2018年度)「ゲノムとその解析」に関する問題です。難しい用語が多いですが、重要な用語ばかりなので一つ一つおさえていきましょう。

問1 難易度:★★★☆☆

(ア)(イ)同じ種の個体間でゲノム上の同じ位置の塩基配列について、異なる塩基配列が存在することを多型といいます。塩基一つ単位だと一塩基多型(SNP)といいます。

(エ)(オ)アミノ酸を指定する部分に多型があると、アミノ酸が置き換わったり(非同義置換)、終止コドンが新たにできたりすることがあり、できあがるタンパク質が変化してしまいます。

問2 難易度:★★☆☆☆

ゲノムとは、DNAのもつすべての遺伝情報のことをいいます。たとえばヒトのゲノムというと、ヒトがヒトとして生命を維持するのに必要な遺伝情報の一揃いを指します。ヒト1個体は父親由来・母親由来のゲノムのあわせて二揃いをもつことになります。

【解答例】
遺伝子を含む領域と含まない領域を合わせた生命維持に必要な全遺伝情報の一揃いをゲノムという。(45字)

問3 難易度:★★★☆☆

(1)ジデオキシ法には、通常のDNA複製のと同じく、DNAポリメラーゼとが必要となります。

(2)ジデオキシリボ核酸のヌクレオチドの構造としてはZの分子構造が適切です。Xがリボ核酸(RNA)、Yがデオキシリボ核酸のヌクレオチドの構造です。

デオキシリボ核酸の「デ-(de-)」は否定や脱却の意味合いがあり「デオキシ-(deoxy-)」という接頭語は「酸素を取り去った」という意味があります。このことを知っていれば、「ジデオキシ-(dideoxy-)」という接頭語が「2個の酸素を取り去った」という意味になることは想像に難くないでしょう。

(3)ジデオキシ法は、ジデオキシリボ核酸が相補的なDNA鎖との水素結合はできるが、それ以降のDNAの伸長ができなくなることを利用しています。

与えられた図を見ると、プライマーのあとに続くDNAの配列は、

5’ーCATGATT-3’

であることが分かります。

問4 難易度:★★★☆☆

オーダーメイド医療とは、個人の遺伝情報の特徴を読み取り、薬の種類や投薬量などを調節して最も適した治療や予防を行う医療のことです。これにより、最も治療効果が高い、あるいは副作用を最小限に抑えた医療が可能になると期待されています。

【解答例】
個人の遺伝情報の特徴から薬の種類や投薬量などを調節することで、より効果が高く副作用の少ない治療や予防を行う医療のこと。(59字)

 

神戸大学過去問解説の一覧

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。