090-6730-7814

【兵庫県公立高校入試解説】2021年度 理科 大問Ⅱ

生物分野からの出題です。Ⅱ-1、Ⅱ-2ともに基本的な知識を問う問題となっています。教科書レベルの内容を、正しい方法でしっかりと学習していれば全問正解できるでしょう。

Ⅱ-1 植物の分類

(兵庫県教育委員会の許可を得て掲載しています)

(1)難易度:★☆☆☆☆

最初の分岐➀から順番に考えていきましょう。①の×の側にスギナ(シダ植物)とゼニゴケ(コケ植物)がありますので、①は「種子をつくる」だと分かります。また、③は「葉、茎、根の区別がある」です。

残りの選択肢は「子葉が2枚ある」「子房がある」となります。双子葉植物と単子葉植物は被子植物の中での区分なので、②は「子房がある」④は「子葉が2枚ある」となります。

(2)難易度:★☆☆☆☆

Aは双子葉植物なのでタンポポ、Bは単子葉植物なのでイネ、Cは裸子植物なのでイチョウです。

(3)難易度:★★☆☆☆

コケ植物は原始的な植物で、葉、茎、根がなく維管束もありません。体の表面から水分を取り込みます。

Ⅱ-2 メンデルの法則

(兵庫県教育委員会の許可を得て掲載しています)

(1)難易度:★☆☆☆☆

赤色純系がつくる配偶子の遺伝子型はAで、白色純系がつくる配偶子の遺伝子型はaとなります。それらが受精するので、その子の遺伝子型はAaとなります。

(2)難易度:★★☆☆☆

遺伝子型Aaの個体がつくる配偶子は、Aとaの両方で、その比率は1:1となります。自家受粉すると、これらの配偶子がランダムに組み合わせをつくることになるので、この遺伝子型の比はAA:Aa:aa=1:2:1となります。

よって、孫にあたる個体では、親と同じ遺伝子型Aaは全体の半分になりますので、50%が正解です。

(3)難易度:★★☆☆☆

メンデルの法則

(2)より、孫にあたる個体にはAA、Aa、aaが含まれます。このうち、赤い花を選ぶと、AAとAaが取り出されることになります。

実験3ではこれらを自家受粉していますが、Aaを自家受粉すると、その子(ひ孫にあたる花)の遺伝子型にはAA、Aa、aaすべて含まれることになります。よって、実験3の結果の花の色は赤と白両方です。

実験4では赤い花どうしで交雑をしています。ここでもAaどうしの交雑が起こることになるので、その子(ひ孫にあたる花)の遺伝子型にはAA、Aa、aaすべて含まれることになります。よって、実験4の結果も赤と白両方となります。

 

兵庫県公立高校入試解説の一覧

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。