090-6730-7814

【化学】沈殿の覚え方

姫路市 高校2年生(化学)

化学 金属イオンの確認、系統分離の問題に入ってきましたね。無機化学のクライマックスであり、総復習するチャンスでもあります。大事なのはやはり金属イオンと陰イオンが組み合わさったときの沈殿。イオン化傾向の順番をベースにしたオリジナルの下表、これを2、3回書けばだいたい覚えられます

沈殿暗記表

表の書き方
① イオン化傾向の「かそうかな」を「カバかな?」にかえて(バリウムを加えて)書く。3つずつに分けて仕切りを入れると整理しやすい。
② アルカリ金属(Na、K)、水素(H)、硝酸イオン(NO3-)は沈殿をつくらない。またAu、Ptは王水以外反応しないので考えない。
③ 塩化物は「アゲアゲ(Ag)のナマハゲ(Pb
Hg)」で覚える。塩化鉛は熱湯に溶けるので、「生クリーム(PbCl)は湯にとける」で覚える。
④ 炭酸塩はアルカリ土類金属のみ沈殿。
⑤ クロム酸塩は色が重要。「黄色いバナナ(Ba、Pb)、赤い銀杏(Ag)」で覚える。
⑥ 硫酸イオンの沈殿はレントゲンに使う硫酸バリウム。石膏の硫酸カルシウム。鉛蓄電池に使う硫酸鉛。
⑦ 硫化物イオンの沈殿は亜鉛から右。酸性条件にすると3つずれてスズから右が沈殿。色はほとんど黒だが、硫化亜鉛は白い(頻出)。

⑧ 水酸化物イオンは塩基が希薄ならMgから沈殿。ほとんど白色だが鉄(赤褐色)と銅(青白色)が例外。銀はAg₂O。
☆ 過剰アンモニアで錯イオンを形成。「どぎつい(Cu、Ag)アンモニアに、あえなく(Zn)溶ける」
☆ 過剰水酸化ナトリウムで錯イオンを形成=両性金属。「ああ(Al、Zn)、すんなり(Sn、Pb)溶ける」

 

西宮市の家庭教師ダイアログホームページ

家庭教師を試してみたくても、実際に家庭教師の指導を受けたことがある人は少数派だと思います。「家庭教師の指導がどんなものか」「どんな流れで進んでいくのか」というのは具体的になかなか想像しにくい部分もあるかもしれません。以下ページでは家庭教師の指導の実際の流れと、成績が上がる仕組みについて解説していますので、ぜひご参照ください。

https://kateikyoshi-sk.com/?p=2595

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。